So-net無料ブログ作成

判決確定から死刑執行までの手続き [死刑執行]

刑事訴訟法は死刑について、判決確定から6カ月以内に執行しなければならないと規定しています。

しかし、冤罪を防ぐため裁判記録の精査や再審請求、恩赦出願などがあり、執行までに時間がかかります。

判決が確定すると、判決謄本や記録類が裁判を担当した検察庁に送られます。

法務省刑事局は、事件に関する全記録を取り寄せ、記録を精査します。

検事が執行に問題ないと判断すれば、刑事局に続き、死刑囚の処遇を担う矯正局や恩赦を担当する保護局の決裁を経て、法相が最終判断します。
 【中古】文庫 死刑執行人の苦悩【Aug08P3】【画】



法相がサインすれば、5日以内に執行されます。

法務省は以前は、執行の事実自体を公表していませんでした。

1998年より、執行の事実と人数のみを公表しました。

2007年からは、氏名や場所も公表するようになりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

HKT48の電撃脱退者5名の理由|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます