So-net無料ブログ作成

水俣病の集団検診受診者の8割超 [水俣病]

水俣病の被害者を発見目的に「不知火海沿岸住民健康調査実行委員会」による集団検診が行われました。。

天草、水俣市の会場で自覚症状のある人たちが受診し、高い割合で水俣病とみられる症状が確認されました。

まだまだ、多数の被害者が埋もれている実態が改めて浮かび上がりました。

天草東保健福祉センターに来た同市倉岳町の45歳の男性は、小学生の頃から指先がしびれ、同じ症状がある友人に誘われ受信し、水俣病とみられる症状があると医師に告げられたそうです。

手足の先にしびれがあったものの、水俣病とは関係ないと考えていた62歳の主婦は、感覚障害があると念のために受診したそうです。

中学を卒業後、就職で大阪に出て、昨年1月に帰郷した69歳の男性も手足に感覚障害があると診断された。

大阪では救済の話は全然聞かなかったと、関西圏での周知の必要性を指摘しました。


水俣病患者とともに 日吉フミコ−−闘いの記録/松本勉


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

今日は一日アニソン三昧 Z雨の七夕 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます